4/8(土)「好みの日本酒を発見!酒仙人日本酒塾」を開催

ラベルからの情報だけで、好みの日本酒を見つけるのは難しいもの。
日本酒のテイスティングを通じ、自分好みの日本酒の見つけ方やおすすめの飲み方などをレクチャーする「好みの日本酒を発見!酒仙人日本酒塾」を開催いたしました。
定期的に開催されているこのセミナーですが、今回は本年度1回目の開催です。

170408-1
今回の参加者の皆様は日本酒がお好きな方ばかり。まず初めに軽く今回の主旨をご紹介したのち、早速本日のメインである日本酒のテイスティングを行いました。
テイスティングするお酒は、日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が提唱する「香味特性別4タイプの」日本酒です。
日本酒は「甘口」「辛口」で味を表現されることが多いですが、実際は香りや酸味の影響によりラベルには「辛口」と明記されていても甘く感じてしまう日本酒もあります。テイスティングをしていただいた4タイプは、日本酒の味を多角的にとらえるために味わいと香りでグラフに表し、大きく4つに分けたタイプに近いタイプのお酒です。

4タイプ分類についての詳細はこちら
参加者の方々にはそれぞれ味と香りをどう感じたか話していただき、さらにどれが好みだったかを伺いました。皆様それぞれに好みが分かれましたが、今回は香りが華やかな薫酒タイプの日本酒が人気のようでした。
さらに、タイプ別におすすめの酒器とおいしく飲める温度帯をご紹介。
最後にセミナーでは日本酒をよりおいしく楽しむためのうんちくをお話いたしました。最近よく目にする「生酛」「山廃」など知っているようで知らない日本酒のラベルに書かれている知識についてお話いたしました。

次回の「好みの日本酒を発見!酒仙人日本酒塾」は5/20(土)、6/25(日)、7/1(土)に開催されます。詳細、お申込みは下記をご参照ください。 http://academy.fbo.or.jp/?p=3263

注目のイベント

9/30(土)〜3/17(日)本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座 全10回<東京>

五感を鍛え表現能力、提供能力の向上を図ります。 香材、水溶液、日本酒、焼酎など、毎回70種以上のサンプルを使用するテイスティングト…

おすすめイベント

ページ上部へ戻る