9/30(土)〜3/17(日)本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座 全10回<東京>

五感を鍛え表現能力、提供能力の向上を図ります。
香材、水溶液、日本酒、焼酎など、毎回70種以上のサンプルを使用するテイスティングトレーニングセミナー

プロフェッショナルテイスター育成を目的としたテイスティングセミナー。
香材、水溶液、日本酒、焼酎など、毎回70種類以上のサンプルを使用します。
また本セミナーは、SSI研究室専属テイスター※を目指す「酒匠」認定者のためのトレーニングセミナーも兼ねております。「酒匠」認定者で、本セミナーを5回以上受講された方は、SSI研究室専属テイスター選考会の参加権利が得られます。

オススメ
ポイント
1.プロテイスターに欠かせない基礎トレーニングを毎回行います
プロボクサーが毎日の走り込みを欠かさないように、テイスターも基礎トレーニングを継続しなければ、能力の向上を計ることは出来ません。毎回、香材を使用した嗅覚トレーニング、水溶液を使用した味覚トレーニングを行います。


2.日本酒・焼酎のテイスティングコメントを視覚化します
テイスティングの手法として、まず簡易版フォーマットを使用して、日本酒や焼酎の全体像を把握します。次に「唎酒師」、「焼酎唎酒師」が使用するテイスティングフォーマットを使用。さらに「酒匠」、「SSI研究室 専属テイスター」が使用する専門的なテイスティングフォーマットに展開し、同軸グラフ、ポジショニングMAPという視覚化ツールを用いて、それぞれの香味特性をより的確に掴みます。


3.総合講座(10回コース)受講者には、終了後ディプロマ(修了証)付与
総合講座(10回コース)受講者には講座終了後、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)及びNPO法人FBOから、修了の証としてディプロマを付与させて頂きます。


4.各回ごとの講座受講が可能!
講座は各回テーマの異なるオムニバス式ですので、ご受講されたい講座のみの受講も可能です。
プログラム 以下5つで構成されたプログラムを毎回行います。
1:香材を使用した嗅覚トレーニング(毎回約30種類)
果実、花、菜類、穀物、乳製品、ドライフルーツ、スパイスなど、様々な食品類の香りを覚え、嗅覚能力の向上を図ります。
2:水溶液を使用した味覚トレーニング(毎回約15種類)
甘味、酸味、苦味、渋味、旨味、アルコールなど、味わいの基本となる水溶液のテイスティングを繰り返し、味覚能力の向上を図ります。
3:日本酒を使用したトレーニング(約8種類)
日本酒の香味特性を、4タイプ分類、ポジショニングMAP、同軸グラフなどの視覚化ツールを用いて把握すると共に、それぞれの特性を活かした提供方法の策定などを行います。
4:焼酎を使用したトレーニング(約8種類)
焼酎の香味特性を、4タイプ分類、ポジショニングMAPなどの視覚化ツールを用いて把握すると共に、それぞれの特性を活かした提供方法の策定などを行います。
5:季節商品のテイスティング
主にその季節ならではの日本酒または焼酎を題材とし、それぞれの香味特性の把握を行います(各回テーマに関しては以下参照。なお入荷状況により、変更される場合があります)。
1回目
7/30(日)
定員:50名
終了しました
日本酒  「夏酒」
~全国から「夏酒」を取り寄せ、今年の香味特性の傾向を探ります。
教材:15種類予定
▶開催報告はこちら!
2回目
8/26(土)
定員:50名​

終了しました
日本酒  「スパークリングタイプ」
~スパークリングを4つのカテゴリーに分類し、香味特性を探ります。
教材:15種類予定
▶開催報告はこちら!
3回目
9/30(土)
10:00~16:30
定員:50名​
日本酒  「冷やおろし」
~全国から「冷やおろし」を取り寄せ、今年の香味特性の傾向を探ります。
教材:15種類予定
お申込みはこちら
4回目
10/29(日)
10:00~16:30
定員:50名​
焼 酎  「東京島酒」
~伊豆諸島で造られる本格焼酎(芋・麦)を取り寄せ、香味特性の傾向を探ります。
教材:15種類予定
お申込みはこちら
5回目
11/26(日)
10:00~16:30
定員:50名​
焼 酎「芋焼酎の品種別(さつま芋の試食含む)」
~鹿児島からさつま芋を取り寄せ、品種ごとの試食と比較テイスティングを行います。
教材:15種類予定
お申込みはこちら
6回目
12/16(土)
10:00~16:30
定員:50名​
日本酒  「原料米の品種別」
~山田錦、五百万石、雄町など、原料米の品種ごとの香味特性の違いを探ります。
教材:15種類予定
お申込みはこちら
7回目
1/20(土)
10:00~16:30
定員:50名​
日本酒  「新酒・古酒別」
~できたばかりの新酒と、1年間、数年、中には10年以上熟成させた日本酒の香味特性を違いを探ります。
教材:15種類予定
お申込みはこちら
8回目
2/4(日)
10:00~16:30
定員:50名​
日本酒  「酒母別」
~速醸酛と生酛、次に生酛と山廃酛、さらには菩提酛などとの香味特性の違いを探ります。
教材:15種類予定
お申込みはこちら
9回目
2/24(土)
10:00~16:30
定員:50名​
日本酒  「日本酒と日本ワインの比較」
~日本酒と日本ワインの比較テイスティングを行い、その本質的な違いを探ります。
お申込みはこちら
10回目
3/17(土)
10:00~16:30
定員:50名​
日本酒  「日本酒と料理の相性検証」
~タイプ別日本酒と各種料理との相性検証を行い、効果的な組合せを探ります。
お申込みはこちら
申込締切 各開催の3日前12:00
各会場とも定員に達し次第、申込終了とさせていただきます。
会 場 FBOアカデミー東京校(東京都文京区小石川1-15-17 TN小石川ビル7F)
都営三田線春日駅から徒歩3分 [地図
価 格 全10回コース
FBO認定会員 67,500円 / FBOアカデミー会員 101,250円 / 
一般 135,000円 / 酒匠認定者 47,250円 / SSI研究室専属テイスター認定者 27,000


各回講座
FBO認定会員 7,500円 / FBOアカデミー会員 11,250円 / 
一般 15,000円 / 酒匠認定者 5,250円 / SSI研究室専属テイスター認定者 3,000
注意事項 ※お申込に関しては、FBO認定会員、FBOアカデミー会員、一般、酒匠認定者、SSI研究室専属テイスター認定者とそれぞれ価格が異なります。お申込確定後の返金等は致しかねますのでご確認の上お申込みください。
対象 ・日本酒、焼酎のテイスティング能力を高めたい方
・SSI研究室 専属テイスターを目指す「酒匠」認定者
【欠席の場合のご対応】
万が一、ご欠席なされた場合、「講義資料」と講義を収録した「講義DVD(未編集)」をお届けします。尚、酒類などのテイスティング教材のお届けは致しかねますので予めご了承ください。
【実施最少人数について】
全10回コースのお申込者数が10名に満たない場合、各回講座を含めて開催を中止させていただく場合がございますことを予めご了承ください。また、開催有無の決定は6月26日(日)迄に行いお申込いただいた皆様に別途、ご連絡申し上げます。尚、やむを得ず開催を中止させていただく場合は、お支払いただいた代金の全額をご返金させていただきます。
※「SSI研究室専属テイスター」とは
唎酒師、焼酎唎酒師の上位資格にあたる「酒匠」認定者を対象とし、本セミナーを5回以上参加後、選考会にて合格された方に委嘱される資格です(2017年5月1日 現在68名)。委嘱者には、SSI公認日本酒官能評価システム「酒仙人」に記載される専門的な日本酒テイスティングコメントの作成の他、各種テキスト等の作成、各種セミナーへの出向など活動の場を提供しています。

▶大阪開催はこちら
▼【お申込み】はこちらから
全10回コース 
受付を終了しました。各回コースをお申込みください。

FBO認定会員/一般 FBOアカデミー会員 酒匠認定者

SSI研究室専属テイスター認定者


各回コース

FBO認定会員/一般 FBOアカデミー会員 酒匠認定者

SSI研究室専属テイスター認定者

注目のイベント

9/30(土)〜3/17(日)本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座 全10回<東京>

五感を鍛え表現能力、提供能力の向上を図ります。 香材、水溶液、日本酒、焼酎など、毎回70種以上のサンプルを使用するテイスティングト…

おすすめイベント

ページ上部へ戻る