10/29(日)“本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座”を開催

本格的に日本酒と焼酎のテイスティングを学ぶセミナー「本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座」の第4回目をFBOアカデミー東京校で開催しました。

セミナーではまず、味覚と嗅覚のトレーニングを行いました。このトレーニングは、セミナーで毎回行っているトレーニングで、香材を使用した嗅覚トレーニングと、水溶液を使用した味覚トレーニングです。毎回、テイスティングコメントの参考となる香りの香材(果物、花、穀物など)と味覚の基本となる甘味、酸味、苦み、などの水溶液を実際に嗅いで、味わってもらいテイスティング力を高めていただきました。

続いて、日本酒・焼酎のテイスティングコメントを可視化するトレーニングを行いました。このトレーニングは、お客様などへ商品の味わいをよりわかりやすく伝えるため、商品の香味を可視化し、より具体的に香味をとらえることを目的に行っております。


最後に、本日のテーマである「東京島酒」についてのお話をいたしました。「東京島酒」とは、伊豆諸島で造られる芋や麦を原料とした本格焼酎のことを指します。焼酎といえば、九州南部のものが有名ですが、東京の伊豆諸島でも盛んに本格焼酎は造られています。実は、東京の焼酎造りの歴史は古く、江戸時代末期から八丈島に流された罪人がサツマイモを使って醸造し始めたのが始まりと言われているそうです。そんな、「東京島酒」の歴史を学びながら今回は、15種類のお酒の比較テイスティングを行いました。
今回は、醸造されている蔵元さんをセミナーにお招きし、販促につながる造り手のお話を伺いながら商品の香味特性について学んでいただきました。


さらにセミナーでは、原料として使用されているさつま芋やゆでた明日葉など現地の特産品と島酒とのペアリングを体験していただきました。

次回の本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座は、11/26(日)にテーマを「芋焼酎の品種別(さつま芋の試食含む)」とし、開催いたします。ご興味のある方は是非下記のホームページからご参加ください。
▶11/26(日)本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座

注目のイベント

1/20(土)〜3/17(日)本格的に日本酒・焼酎のテイスティングを学ぶ総合講座 全10回<東京>

五感を鍛え表現能力、提供能力の向上を図ります。 香材、水溶液、日本酒、焼酎など、毎回70種以上のサンプルを使用するテイスティングト…

おすすめイベント

ページ上部へ戻る