10/26(木)“蔵元唎酒師会VOL.14 ~「李白」醸造元 李白酒造(島根県)をお招きして~”を開催

名誉唎酒師酒匠である高城幸司氏が選ぶこれから注目すべき気鋭の蔵元を招き、日本酒の奥深さを学ぶ人気のセミナー“蔵元唎酒師会”がFBOアカデミー東京校で開催しました。

今回は、島根県の蔵元 田中雄一郎氏(李白酒造有限会社 代表取締役社長)をゲスト講師にお招きしました。

セミナーではまず、「李白酒造」についてお話を伺いました。「李白」醸造元の李白酒造は、明治15年に創業した歴史ある蔵元です。この「李白酒造」の名前の元となっているのは、中国の唐の時代に活躍した詩人「李白」。酒をたたえた詩をたくさんつくった李白は、酒を愛する人の気持ちを代弁してくれています。若槻礼次郎氏によって李白にちなんで命名されたそうです。

次に、李白酒造の酒造りについて伺っていきました。
李白酒造では「酒文化を普及し正しく後世に継承する」を経営理念に、出雲神話に出てくる酒造りの伝統を引き継ぐ出雲杜氏の酒造技術で創業以来酒を醸造されています。セミナーでは、その日本の酒造りの原点ともいえる技術の結晶である「李白」をテイスティングしました。

さらに、新しい技術開発と海外進出についての話しも田中氏に伺いました。李白酒造では、東京農大短大部醸造学科 酒類学研究室の中田久保教授により自然界から分離された花酵母(花から採取した酵母)の使用をはじめ、新しい新時代の技術も取り入れているそうです。セミナーでは、その技術開発から伝統技術と融合するまでの試行錯誤したお話しとともに、花酵母を使用した日本酒のテイスティングを行いました。

最後に、今後についてのお話もいただきました。
李白が日本だけでなく世界各国でも愛飲者がいるお酒です。決して大手とは言えない一酒造会社が世界でも愛されるワケについてじっくりお話を伺い、今後の李白酒造の展望についてもお話いただきました。

次回の「蔵元唎酒師会」は、11/28(火)に福島の「人気酒造」をお招きして開催いたします。詳細日時また、お申し込みはホームページをご覧ください。
▶11/28(火)蔵元唎酒師会Vol.15~人気酒造(福島県)をお招きして~

関連記事

ページ上部へ戻る