奥深きベルギービールの世界 開催報告

奥深きベルギービールの世界 ~比較テイスティング付きベルギービールセミナー~を開催
1000種以上のブランドを持つ、世界最古の歴史を持つビール大国ベルギー。
その歴史と多彩な味わいを学ぶ。

クラフトビールの流行により、今では日本の全国各地で個性的な地ビールが作られるようになりました。
今回はビールの母国ともいえるベルギービールがテーマです。
日本の九州程の国土の中に大小1300ほどのブランドが存在するビール大国ベルギー。
セミナーではベルギービールの歴史と代表的な9タイプの紹介。
その内の7種類のテイスティングを行い、おいしい飲み方や注ぎ方などを学びました。

<セミナー開催概要>

主催 NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)
協力 小西酒造株式会社
セミナー名 奥深きベルギービールの世界
担当講師 国際統括部輸入ビール企画課 カール・デ・コスター
開催日時 7月28日(土)14:00〜16:00
次回:8月9日(土)19:00〜21:00(※開催内容は7月28日(土)と同内容となります)
会場 FBOアカデミー東京校
教材 テイスティングアイテム
・ヴェデット・エクストラ ホワイト(ホワイト・ビール)
・ヴァルシュタイナー(ピルスナー)
・デュベル(ゴールデンエール)
・リーフマンス(フルーツビール)
・ブーン・グース(ランビック)
・ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ(レッド・ビール)
・グーデン・カロルス・クラシック(スペシャル・ビール)
価格 FBO認定会員 3,000円 / FBOアカデミー会員 4,500円 / 一般 6,000円

<セミナーコンテンツ>

・基本的なビール関連の法規や製法
・日本の輸入ビールの現状とトレンド
・テイスティングで学ぶベルギービールの分類とおいしい飲み方(提供方法)


7月29日(土)のセミナーは小西酒造株式会社のカール・デ・コスター氏にご登壇いただきました。
セミナーではベルギー王国の歴史や名産品。気候風土のお話からベルギーにおけるビール文化の発展を現地人の視点より説明していただきました。

続いては、ベルギーにおける全9種類の分類の中から7種類のベルギービールのテイスティングを行いました。
テイスティングでは、注ぎ方からお話が始まり、グラスや合わせるべき食材など食文化と密接に関わるベルギービールを自身の体験談を交え詳しく解説いただきました。
さらに日本のスーパーマーケットや酒販店で手に入る商品の紹介と相性の良い料理の説明など、話を聞いたその日から楽しむことができるポイントが盛沢山のセミナーとなりました。

今回に引き続き魅力的なビールセミナーを今後も企画してまいります。
ご期待ください。

関連記事

ページ上部へ戻る