12/4(火)蔵元と共に学ぶ。日本酒テイスティングセミナー VOL.18 八戸酒造(青森県八戸市)編

おすすめ
ポイント
ここに注目!
蔵元の解説を聞きながら行うテイスティングは理解度抜群!

日本酒イベントで、蔵元と会話しながら試飲を行うことはあっても、セミナースタイルで解説を聞きながら、テイスティングが行える機会や、商品の適したサービス、セールス方法について蔵元と意見交換できる機会は滅多にありません。
日時 12月4日(火)19:00〜21:30【申込締切】11月30日(金)12:00  申込を締め切りました
主 催 NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)/日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)/高城幸司(名誉唎酒師酒匠・FBO評議委員)
協 力 八戸酒造株式会社(青森県八戸市)
内容 日本酒の香味を決定づける要因は原料、製法、地域などと多岐にわたりますが、最も大きいと思われるのが造り手のコンセプトと想いと考えます。
本セミナーでは、蔵元の解説を聞きながらテイスティングを行い、各商品特性を見極め、さらに各商品の個性を活かしたサービス・セールス方法を考察します。
毎回、名誉唎酒師酒匠 高城幸司が注目する気鋭の蔵元をお招きする人気企画。
飲食店、酒販店従事者向けの内容ですが、日本酒愛好家にもおススメしたいセミナーです。
今回のテーマ ブランド立ち上げ20年。
「陸奥八仙」が目指すこれからの日本酒

今回は「定番」「外国人向けスパークリング」「季節限定(新酒)」をテーマにしたテイスティングを行います。

「定番」

1:陸奥八仙 ISARIBI 特別純米

「外国人向けスパークリング」
2:陸奥八仙 ナチュラルスパークリング
3:8000 ペールエール

4:陸奥八仙 DRYSPARKRING

「季節限定(新酒)」
5:陸奥男山 クラシックヌーボー生(30BY)
6:陸奥八仙 ヌーボー青ラベル直汲み特別純米生原酒(30BY)
7:陸奥八仙 赤ラベル特別純米生直汲み(30BY)

※テイスティングアイテムは、変更になる場合がございます。

「陸奥八仙」と「青森郷土料理」のペアリング体験。
八戸酒造とSSIで考案。青森県特産の「南部せんべい」を使用した「定番」「外国人向けスパークリング」「季節限定(新酒)」と好相性を示す創作料理を用意。

地酒と郷土料理の素晴らしいペアリングを体験頂けます。
 南部せんべい

講 師 ゲスト講師:駒井 秀介氏(八戸酒造株式会社 専務取締役)
ナビゲーター:高城 幸司(名誉唎酒師酒匠/FBO評議委員)
テイスター:長田 卓(FBO研究室長/SSI理事兼研究室長)
会 場 FBOアカデミー東京校(東京都文京区小石川1-15-17 TN小石川ビル7F)
都営三田線春日駅から徒歩3分 [地図]
価 格 FBO認定会員 3,000円 / FBOアカデミー会員 4,000 / 一般 5,000
定 員 70名様まで(最少催行人数10名)

※お申込に関しては、FBO認定会員、FBOアカデミー会員、一般とそれぞれ価格が異なります。
お申込確定後の返金等は致しかねますのでご確認の上お申込みください。

お申込み
FBO認定会員/一 般 FBOアカデミー会員

「VOL.15 ~人気酒造(福島県)をお招きして~」はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る