9/8(日)【札幌開催】日本酒は売れる!‘香味特性別4タイプ分類’を活用した 日本酒の販売促進方法

~消費者満足を得られるメソッドを活用した日本酒販促~
※飲食店・酒販店従事者向けのセミナーです。FBO認定会員の方はお申込みできませんのでご了承ください

日時 9月8日(日)14:30〜15:30【申込締切】9月6日(金)12:00
主 催 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)/NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)
内容 酒販シーンにおいて、日本酒は新たなステージを迎えました。これまで、日本酒を飲まなかった、興味を示さなかったお客様が続々と注目をしはじめています。
日本酒の飲用経験が乏しい、いわゆる‘日本酒ビギナー’の不満の多くは、「どういう味や香りかがわからない…」、「どういう器や温度で飲んだらいいかわからない…」、「どういう料理と楽しめばいいかわからない…」など、味や香り、楽しみ方といった、お店側からの提案を求めるものが多数です(SSI調べ)。
一方で、日本酒は専門的、難解な表示情報が多いなど、端的な販売促進が難しく、積極的な販売促進を行えないことも多いのではないでしょうか。
‘香味特性別4タイプ分類’は、まさにこれらを解決し、お客様がお求めの説明を端的に行うことのできる日本酒販売メソッドです。
今回のセミナーは、自身も「北海道産酒バー かま田(札幌市)」の代表を務め、日々、このメソッドを活用し多くの日本酒ファンを創り続けている鎌田 孝 先生を講師にお迎えし、‘香味特性別4タイプ分類’の基本と販売促進視点での活用方法を学びます。
セミナーの
ポイント
❖「薫酒・爽酒・醇酒・熟酒」の味わい、香りの特徴を学ぶ
❖‘香味特性別4タイプ分類’を活用した販売促進手法を学ぶ
・提供方法(温度/酒器など)  ・料理との訴求提案
講 師 鎌田 孝 先生
北海道産酒バーかま田 代表 第3回世界唎酒師コンクール準優勝 SSI理事
第3回世界唎酒師コンクール日本酒部門&焼酎部門準優勝という大会初のダブル受賞者。北海道産のお酒、食材にこだわった飲食店の経営を行うほか、道内を中心に、お酒に関するセミナーや講演会を精力的に行う。また、HBCラジオ、親びん&亜樹の蝦夷マリアージュのメインパーソナリティーを務めるなどメディアを通じて日本酒をはじめとする道産の酒、食事の魅力を配信。
会 場 札幌ビューホテル 大通公園 クレストホール(B2F)
札幌市中央区大通西8丁目
地下鉄「大通駅」1番出口徒歩5分 [地図]

関連記事

ページ上部へ戻る